北川喜朗のオリジナル
アルバム
 
  凡鐘 M10

サギ一羽
       うた 笠谷辰夫
          (メリーフェローズ)





・・・・・・・・   ・・・・・・
ビルの谷間の 並木道
芽吹くその果て 架かる橋
天を包むか 大アーチ
ムンクの世界 沈黙の叫び
行き交う人の 顔見れば
空はほんのり あかね色
顔もほんのり あかね色
・・・・・・・・   ・・・・・・
鉄骨欄干 人だかり
視線合わせて 干潟みる
・・・・・・・・   ・・・・・・   


 水辺に白いサギ一羽
 細長い首 長い嘴
 傘の柄の様な 細い足
 じっとして動かず
 じっとして動かず
・・・・・・・・   ・・・・・・









誰が置いた サギの置物
水辺に下りた 白いサギ一羽
黄色い嘴 空(くう)を裂く
中天に向けて60度
じっとして動かず
じっとしてうごかず
・・・・・・・・   ・・・・・・
ァ 動いた
嘴が30度 
白い頭と一緒に廻った
・・・・・・・・   ・・・・・・
それからもう動かぬ 又
一点を見つめる   


置物でなかった
「本物のサギだ」
人々安堵して
欄干を去る
・・・・・・・・   ・・・・・・
また新しい人々がやってくる
ウォー ハレレレ ワァ

   2001 
  凡 鐘   
 
  もどる 
   
   曲目
   
 01 琵琶湖の船遊び 
 02 はる 
 03 大大吉 
 04  
 05 夕照 
 06 同窓会 
 07 御詠歌 
 08 DTM音頭 
 09  マウイ
 10  サギ一羽
 11 チャンブル 
 12 チョコレートの娘 
 13  地下道の散歩
 14 純愛のタンゴ 
 15  17歳の誕生日
 16 高原の道    大都会のビルを分ける街道の先に大川があり、
これに橋がかかっている。
 大きな橋だ。人出が多い。人々は陽気にさそわれてか、鉄製の欄干に
たむろしている。川面に降り立った一羽の白いサギを見ているのである。
 ~〜都会で会うことが出来た一風景〜
 歌はM6と同様、滋賀県で活躍中のメリフェローズの笠谷辰夫氏に
歌ってもらいました。
 17  みんなで歌おう
 18 Nipponia 
   
  staff producer 小西祐子 mastering engineer 岡田 淳
 assistant engineer 山口典子 cover desiner 須川智子