月面音頭

 
月面音頭コメント                もどる

日本昔話の一つ、竹取物語の「かぐや姫」は、光る竹のなかに生みおとされ、じいじ、ばあばによって育てられて美しく成長すると、紛争の絶えない地上から月の世界へ還っていつた幻想的なお話です。

 日本が打ち上げた月探査衛星「かぐや」は、2009年6月、一年半におよぶ月周遊探査を終えて月面に落下しました。 「かぐや」は、そのまえに、周遊する月の地平線から昇る地球の姿を映像で地球に送信してきて、私達に感動を与えました。

 月面は地球に対してはいつも同じ面を向いているので、今、月面に留まっている「かぐや」は、いつも天空の同じ場所で満ちたり欠けたりしている地球を見ていることになります。どんな思いで見ていることでしょうか?
   月面音頭      09.06.25
                 北川 喜朗
昇る地球に 恋人置いて
ここは月面 かぐや姫

貼り付く地球に 彼氏を想い
空気も無ければ 重さも軽い
宇宙服着て ゴルフをすれば
球は飛ぶ 飛ぶ 三千里

球を追いかけ 走ってみれば
一とび、 谷を飛び抜けて
クレーター穴に カッタンコ

兎の餅つき ぺったんコ
天丼、親子丼ならいいけれど
貼り付く地球にや ノドン テポドン
時代遅れの 核実験
ピカドン なんて やめてくれ
やめてくれ やめてくれ あほなことは! 
つまらぬことは やめてくれ!
 やめてくれ!!

なにがなんでも 平和が一番
ひったくり、サギに、放火に、人殺し、
強欲金融レバレッジ、派遣、首切り、福祉切り,
 こりゃどうしょう!
将軍さまの お通りだ、
俵のネズミはチュウ、チュウ、チュウ、?!

漆黒の 宇宙のそらの 一郭に
地球の影は 満ちたり 欠けたり
限りあるいのち 緑の地球
かぐや姫さん 目に泪

じいじ ばあば ありがとう!
 

     うた ボーカロイド(合成音声)