北川喜朗のオリジナルアルバム      このCDは、私の自叙伝である。自叙伝といっても、何も歴史を書いたものではない。私が私でありたくて、作って戴いたといった内容のものである。私は50歳半ばにして、永年勤めて来た会社を辞した。以来、内職のようなことをし乍ら、音楽の真似事をはじめた。    

 時恰も I T 技術の進展期であり、もともと勤務していた会社の関係からして、今日斯くありなんと思われるようには考えてきた。従来から音楽に興味をもっており、楽器は何も出来ないが、聞くことは好きであったので、将来コンピュータを使って容易に音楽を作ることが出来ると考え、ローランドミュージツクスクールの、DTM科に入って見たのである。 

 それから約10余、私も昨年70歳(当時)をこえた。自分ではあまり歳をとったとおもえないが、鏡をみるとやはり頷かざるを得ない。

 そこで、私の先生、小西祐子先生にお願いし、このCDを作って戴いた次第である。


musicians
music & woards  北川喜朗
vocal         北川喜朗
          M6 八尾雅之   M9 富永律子
          M10 笠谷辰夫  M12 笠谷美保
chorus    三船麻理 // 小西祐子 // 酒井信子

 
                  2001 
  凡 鐘   
 
 
  もどる   
   
   曲目
   
 01 琵琶湖の船遊び 
 02 はる 
 03 大大吉 
 04 天 
 05 夕照  この写真は 
 06 同窓会   琵琶湖の竹生島の
 07 御詠歌   真上の落日です
 08 DTM音頭  マツシマ写真事務所 
 09  マウイ  
 10  サギ一羽 凡鐘は、梵鐘に 
 11 チャンブル  引っ掛けた造語です。 
 12 チョコレートの娘  故 田中芳一氏が造りました 
 13  地下道の散歩  
 14 純愛のタンゴ 
 15  17歳の誕生日
 16 高原の道 
 17  みんなで歌おう
 18 Nipponia 
   
   
  staff producer 小西祐子 mastering engineer 岡田 淳 assistant engineer 山口典子 cover desiner 須川智子  

haru

haru