M22 想い

片想いである。彼の前に現れた華麗で才気にあふれ、 利発な彼女にあこがれるが、
自身の歳と才能、財産、家庭事情など、いろいろの現状を思惟して、 とてもとても
渡りあえる相手でないと懸命に自重する。
しかし彼女への憧憬を断ち切れないでいる、その彼の想いを曲にしたものです。