北川喜朗の
オリジナル
アルバム
 
  凡鐘 M18

Nipponia
         






 有名なフインランディアのまねをして、ニッポニアと言う名をつけました。内容は日本の弥生時代の遺跡として発掘される銅鐸の鎮魂歌です。(銅鐸は地面に埋め込んだ状態で発掘される)。
 日本の古代、戦争か何かで時代の変革があって、従来祭礼などに用いられていた銅鐸が、急遽土中に埋められたものと考えられている。(私の想像です)
 滋賀県にも多くの銅鐸が出土しており、野洲市には銅鐸博物館がある。この曲が、古来先祖から続いてきた、日本というものを考えるきっかけになればと思います。
 
 銅鐸







   2001 
  凡 鐘   
 
  もどる 
   
   曲目
   
 01 琵琶湖の船遊び 
 02 はる 
 03 大大吉 
 04  
 05 夕照 
 06 同窓会 
 07 御詠歌 
 08 DTM音頭 
 09  マウイ
 10  サギ一羽
 11 チャンブル 
 12 チョコレートの娘 
 13  地下道の散歩
 14 純愛のタンゴ 
 15  17歳の誕生日
 16 高原の道   銅鐸博物館
 17  みんなで歌おう
 18 Nipponia 
   
  staff producer 小西祐子 mastering engineer 岡田 淳
 assistant engineer 山口典子 cover desiner 須川智子